ワーママのつぶやき

パワーカップルの定義がズバリすぎてて怖い

産経新聞の記事を読みました。三菱総研が「パワーカップル」についてのレポートを出したそうです。

https://www.sankei.com/life/news/181115/lif1811150011-n1.html

「パワーカップル」の定義とは?

パワーカップルとはどんな夫婦を指すのでしょうか。

三菱総研の定義では、「パワーカップル」は共働きで、夫の年収が600万円以上、妻が400万円以上で世帯年収が1千万円以上の夫婦を指す。

だそうです。

世帯年収1000万円って、生活が苦しくはないけど、ぜいたくできそうでいて意外とできない年収です。

「パワー」という冠をつけるのは少し違和感があります。

パワーカップルの特徴

この記事によると、パワーカップルには以下のような特徴があるそうです。

「外注」「時短」「備え」「消費」に意欲的

ワークライフバランスや余暇も重視

新商品への感度が高い

SNSで積極的に情報発信

なんか悔しいけど、まさにわが家です。ちょっと詳しくひとつひとつ見てみます。

「外注」「時短」「備え」消費に意欲的

はい、意欲的です。例を挙げると

    家事代行で家事を「外注」しています。
    ルンバ、食洗機、洗濯乾燥機などの「時短」家電を使っています。
    「時短」については好きすぎて本まで出しちゃいました。『ワーママ時短術88』
    「備え」にも興味あり。投資歴も10年以上あります。

ワークライフバランスや余暇も重視

私はフルタイムで働いていますが、残業はほとんどしません。もちろん、必要なときは保育園のお迎えを調整して残業します。

余暇は非常に重視しています。長期休暇には主に海外へ旅行しますが、これを楽しみに仕事をしているといっても過言ではないくらい。

人生には楽しみが必要ですよね。わが家では旅行がその楽しみなのです。

新商品への感度が高い

もちろん上には上がいますが、割と新商品を買う方だと思います。
たとえばオーラリングを注文中。届くのに5ヶ月かかるそうです。
OURA

SONYのアイボも買いました。

aibo

旅行先ではドローン飛ばして遊びます。

共働き三種の神器と言われる家電は一通り持っています。


SNSで積極的に情報発信

プライベートではフェイスブックとインスタ、やまのたらこのアカウントではツイッターとブログをやってます。だいたい毎日何かしら発信してます。

やまのたらこのツイッター

以上をかんがみると、わが家はまさにこの「パワーカップル」の定義にビンゴ。

見透かされているようでなんとなく悔しいですが、よく観察してるなぁと思ったのでした。

こんな記事もおすすめ