家電

DIYすらしないでハンズフリードライヤーを実現してみた

お風呂から上がった後に髪の毛をドライヤーで乾かすのですが、これが面倒くさい。できればスマホを見ながら乾かしたくありませんか?

ドライヤーとスマホの二刀流の欠点

でも、片手でスマホを操作しながらもう片方の手でドライヤーを持つと、髪の毛をバサバサできないので仕上がりがぺたんこになってしまうのです。これはこまります。

この問題を解決すべく、ハンズフリードライヤースタンドの購入を検討しました。

わがんせ ヘアードライヤースタンド ブルー

わがんせ ヘアードライヤースタンド ブルー

2,200円(11/26 18:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハンズフリードライヤースタンドは高い

なんかちゃっちいスタンドなのに、そこそこのお値段がします。需要少なめの便利グッズというのはそういうものなのでしょうか。それなりに需要はあると思うんだけど。

ちなみに出てくるのはペット用のハンズフリードライヤースタンドが多め。たしかにペットの毛を乾かすのには両手が必要ですわ。

買わずに作るという選択

そこで、自作も考えました。中には針金ハンガーなどで自作している方も見つけたので。

百均で手作りドライヤースタンド

でもね、それすらなんだか面倒だったのです。ダサいし収納場所も考えなきゃいけないしなーと思って迷ってました。

でもあるとき思いついたのです。固定さえできればいいのなら、別にスタンドじゃなくてもいいじゃないかと。

そして脱衣所を見渡すと固定できるものがありました。それは脱衣カゴ。空でもそれなりに重さがあるので問題なくストッパーになります。

たらこの家の脱衣所には脱衣カゴが3個あるので、そのスキマにはさんで固定すれば高さもバッチリでした。

この工夫のおかげでスマホを見ながら髪の毛を乾かせるようになりました。時間の有効活用ができて満足です。

ちなみにドライヤーはNobbyプロ用ヘアドライヤーを使っています。さすがプロ用だけあって、風量もすごく強いので超おすすめです。4年使ってますが壊れません。

 

【全額返金保証】時短術も絶賛発売中!

こんな感じの、時短オタクのワーママが実践する時短ハックを集めた時短術100選をnoteで共有しています。

今だけ期間限定で無料公開範囲広げてますので、のぞいてみてくださいね。

499円で販売していましたが、ご好評につき値上げしました。販売数が増えるにつれて値上げしていますので、この価格で買えるのはいまだけです。

【全額返金保証】1分1秒が惜しいワーママ向け!フルタイム子持ち管理職が実践している時短術

こんな記事もおすすめ