時短ワザ

【年長さん&小学生ママ必見!】名前と住所のシャチハタを用意すべし

こんにちは。好きな四字熟語は「時間短縮」のたらこです。

年長さんのお子さんをお持ちのママさん、小学生のお子さんをお持ちのママさんに、あなたのイライラを少しでも静め、平穏に保つ時短ワザをひとつ伝授します。

それは自分&子どもの名前と、住所のシャチハタスタンプをオーダーすること。

特に年長さんのママさんはまだ余裕で間に合います。
いや、小学生のママさんだってまだ遅くないです。

これからその理由をお伝えします。

無数のプリントに名前と住所を記入する作業の時短

公立小学校のプリントの多さは尋常じゃありません。
そして記入して提出するプリントの多さも半端じゃない。

わたしはすでにゆうに50回以上、小学校関連で名前やら住所やらを書いています。
もっとかも。

学童の申込書なんて、家族全員の名前と住所を5枚以上書かされました。アホか。

そんなクソムダな作業を、3月~4月にかけて延々と繰り返すわけです。

わたしたちの貴重な時間は、名前やら住所やらを書くために使うためにあるわけではありません。
そんなことよりももっと大事なことがあるはずです。

買うべきシャチハタスタンプはこれだ!

というわけで、あなたが買うべきなのは最低限以下の3つ。

  1. あなたの名前のシャチハタスタンプ(プリントの「保護者名」欄用)
  2. 子どもの名前のシャチハタスタンプ
  3. 住所のシャチハタスタンプ

お金に余裕があれば、パパの名前のシャチハタスタンプもあってもいいですが、保護者名欄ってたいてい1つなので、とりあえず自分の名前のがあればOKです。

名前のシャチハタスタンプは「Xスタンパー角型印 氏名印 5×29mm」、住所スタンプは「Xスタンパー 角型印 0860号」です。

住所は2行になると価格が上がるしかさばるので、1行印にしました。

シヤチハタ 一行印0860号 サイズ:8x60mm

シヤチハタ 一行印0860号 サイズ:8x60mm

1,641円(09/19 13:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
ただのゴム印でもいいんじゃない?安いし

と思ったあなた。甘いです。こういうやつですね。

たしかにこちらのほうが若干安いんですが、シャチハタスタンプであることが時短では重要なんです。

ゴム印だと

  1. ゴム印を用意する
  2. インク台を用意する
  3. インク台のフタを開ける
  4. ゴム印にインクをつける
  5. 押す
  6. インク台のフタを閉める
  7. ゴム印をティッシュで拭く
  8. ゴム印をしまう
  9. インク台をしまう

という9ステップが必要です。

シャチハタであれば

  1. シャチハタを用意する
  2. シャチハタのフタを開ける
  3. 押す
  4. シャチハタのフタを閉める
  5. シャチハタをしまう

という、約半分の5ステップでOK。
絶対シャチハタがいいです。絶対。

もちろん小学校関連だけでなく、病院や金融機関でも使えますし、その他の申請書などでも使えます。
ほんと買ってよかった!

フタを開けなくてもカシャンと押すだけでいいタイプのスタンプもあります。

ゴム印 スキナスタンプ 【62mm×25mm】 会社印 住所印 法人印

ゴム印 スキナスタンプ 【62mm×25mm】 会社印 住所印 法人印

1,280円(09/19 18:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

大きすぎて収納や持ち運びに不便なのと、押す位置がいまいちわかりにくいので、私はシャチハタのXスタンパーをおすすめしています。

ちなみに私はメルカリで発送するとき用に、このようなカシャンタイプの住所+名前スタンプも持っていますよ。

まとめ:名前と住所のシャチハタを買うべし

シャチハタのXスタンパーは確実に時短になるので、買って損はしません。

ぜひ早めに入手することをおすすめします!

あ、そういえばシャチハタって連発してましたが、正式名称は「シヤチハタ」らしいです。失礼しました。

シヤチハタ 一行印0860号 サイズ:8x60mm

シヤチハタ 一行印0860号 サイズ:8x60mm

1,641円(09/19 13:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
こんな記事もおすすめ