育児

中学生の女の子にキャリアコンサルすることになった話 その2

前回のおさらい

友人の娘さんの進路相談に乗ることになりました。

娘さんは

  • 成績は中の上くらい
  • 将来の夢などやりたいことは決まってない
  • 上位校に入ってから苦労するより、そこそこの高校に入って部活などをエンジョイしたい

そうで、親としてはできれば上位校に行ってほしいけど、なかなか聞いてもらえないとのこと。で、オットと相談の結果、行けるなら上位校に進学した方がいいんじゃない?というスタンスでいくことにしたのでした。

どう話すか?

最初はノープランでざっくばらんに質問に答える感じにしようかと思ってました。

でも、そうすると

  • 自分の意見を押し付けるような言い方になってしまうかもしれない
  • シャイな子だった場合、話が弾まなくなってしまうかも
  • そもそも私のことをよく知らないのに質問なんかしづらいよね?

と思ったので、PowerPointで簡単な自己紹介のプレゼンを作りました。

中学生向け、キャリアコンサルのプレゼン内容

構成はこんな感じ

  1. はじめに
  2. 私の概要
  3. 中学時代と高校受験
  4. 高校時代と大学受験
  5. 大学時代
  6. 仕事
  7. 伝えたいこと

気をつけたのは、意見を押しつけるようなトーンにならないようにしたことと、専業主婦の彼女のママの生き方を否定するようなトーンにならないようにしたこと。

また、中学で友人関係に悩んでいるそうなので、生き方のコツのようなものも伝えてみました。

世の中には、解決できない問題もある。解決しようと頑張ってもダメだったら、逃げてもいい。逃げることもできない問題なら、時間が経つのを待つ。ずっと向き合っているとつらくなるので、楽しくなれることや、自分が楽になれる場所を作っておく。

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。