料理

貝印のアイスクリームメーカーが糖質制限の救世主な件

もともと甘いものが大好きなたらこ。糖質制限中といえど、アイスクリームの魅力にはあらがえません。

アイスクリームが食べたいときは、江崎グリコのSUNAOを食べてガマンしていたんですが、どこにでも置いているわけではないので苦労していました。

グリコ SUNAO バニラソフト 152ml (10×2)20個

グリコ SUNAO バニラソフト 152ml (10×2)20個

4,180円(06/20 00:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

アイスクリームメーカーの比較

そこでアイスクリームメーカーを買おうと思ってリサーチを始めました。使わなくなる可能性もあったので、3000円以内くらいに収まる価格で考えていて、この2つに絞りました。

ひとつは貝印のアイスクリームメーカー ホワイト DL-5929。

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

2,280円(06/20 10:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
たらこ
たらこ
 2000円台と安いし電動でラクチンなのが魅力。冷凍庫で冷やすのに場所を取るのが難点かな。

もうひとつの候補だったのが、サーモスのアイスクリームメーカーKDA-200。

たらこ
たらこ
 なんと1500円以下!しかも200mlなので冷凍庫でも場所を取らないのが魅力。でも手動なので10分以上クルクルかき混ぜなくてはいけないのが面倒。

最後の最後まで悩んでました。どちらも口コミも良くて魅力的だったので。でも、Amazonのレビューでこんなのを見つけて、貝印の電動アイスクリームメーカーを買うことを決意。

真空断熱が得意なサーモスにも惹かれたのですが、あちらは自分で10分以上かき混ぜないといけないので、きっと面倒で使わなくなると思い、やめました。
貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929のAmazonレビューより抜粋)

そうですよ、1分1秒を時短しようと毎日頑張ってるたらこに、10分以上もかき混ぜてる時間はないのです。

決まったら行動は早いたらこ。さっそく貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929を購入しました。

貝印 アイスクリームメーカー DL-5929でさっそくアボカドアイスクリームを作ってみたよ

届いてすぐに食べられるわけではないのがこの商品の難点(サーモスも同じ)。貝印の場合は、24時間以上冷却ポットを冷凍庫で冷やしておかないといけません。

冷却ポットの中には液体が入っていてチャポチャポするのですが、その液体が底にある状態で冷やす必要があるので、冷凍庫で冷やす際の向きも決まってます。こんな感じで冷凍庫内の置き場所を確保しました。(後ろのパンは家族用です)

24時間冷えたら、さっそく付属のレシピ集に書かれていておいしそうだったアボカドアイスクリームを作ることにしました。一度に作れる量は300ml。普通に盛り付けて2人前、少なめに盛り付けて3人前、といったところでしょうか。

まずはアボカド100グラムをつぶし、レモン汁を大さじ2加えます。かなり小さめのアボカドだとちょうどいいくらい。

フレッシュクリーム(生クリーム)を100mlと、糖質ゼロの甘味料を30グラム加えます。たらこは今回ラカント液状を使いました。余計な味がついていないので使いやすいです。

サラヤ ラカントS 液状 280g

サラヤ ラカントS 液状 280g

445円(06/20 10:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

泡だて器でよーくかき混ぜます。泡だて器は先日大きいのを断捨離したので、小さめですが全然オッケーです。

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 ミニ 泡立て 19cm D-4714

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 ミニ 泡立て 19cm D-4714

432円(06/20 00:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

ある程度混ざったら、冷凍庫から冷却ポットを出して投入!

外しておいたモーターを上からカポっとかぶせて少し回すとロックがかかるので、スイッチオン。
ヘラが電動で動いてかき混ぜてくれます。20分間かき混ぜますが、自動的にオフになったりする機能はありません。安いからね。我が家ではAmazon Echoに「タイマー20分」と伝えて測ってもらってます。

やっぱり電動は楽です。その間他の作業ができますから。ちょっとモーター音がうるさいので、たらこは別の部屋で作ってます。

20分後、こんな感じになりました。すっごいおいしそう。ちなみにバニラアイスクリームだともっとゆるくてシェイクみたいになっちゃいます。このもっちり感はアボカド効果ですね。

IWAKIのガラス容器に盛り付けてみました。この一番小さい200mlのやつです。写真のように盛り付けて、3人分になりました。アイスクリームは300ml分作れます。

ちゃんとしたスクープを持ってないので適当です。こういうスクープが欲しくなりますが、余計なものを持ちたくないのでガマンガマン。ちなみにこれ、Amazonで高評価。

アイスクリームメーカー製のアボカドアイスは美味しくて糖質4グラム!

んもーこれが最高に美味しかったです。大さじ2のレモン汁を入れているのでさわやか。アボカド感をもっと味わいたいならレモン汁は大さじ1でもいいかもしれません。

うちは夫婦そろってアボカド大好きで、アボカドミルク(アボカドと牛乳と甘味料をブレンダーでガーするだけ)もたまに作ったりしてたので、このアイスクリームはドストライク。ただ、ムスメは3口くらいで飽きてました。ムスメはもともとアボカドがあまり好きではないので、アボカド好きな方におすすめなメニューですね。

しかも今回は生クリーム、アボカド、糖質ゼロ甘味料だけですから、糖質量は非常に抑えられてます。300ml分のアイスクリームで、たぶん4グラムくらい。もう神レベルですね。

貝印 アイスクリームメーカー DL-5929の改良してほしい点

貝印のアイスクリームメーカー最高!って感じなのですが、バニラアイスクリームだとゆるゆるなのに加えてもうひとつ改良してほしい点があります。

構造上仕方ないとは思うものの、冷却ポットにアイスクリームが凍って貼りつくんです。これを金属製のスプーンでガリガリ削り取ると、冷却ポットに傷がつきます。それが悩み。これ、諦められないでしょ。美味しいし。

でもそれをはるかに上回る利点がある貝印のアイスクリームメーカー DL-5929。甘いもの好きな糖質セイゲニストや、自分自身や子どもの砂糖摂取量を控えたいママさんに、心の底からおすすめします。これは2018年買ってよかったものベスト3に入りますわ。

なんと今ならAmazonでクーポンで20%オフやってます。2000円の20%オフってことは1600円くらい?ありえないー。メルカリより安いです。

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

2,280円(06/20 10:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。