投資

ワーキングマザーがソーシャルレンディング投資を始めてみた

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazonや楽天に飛んで購入できます。★★

先日のエントリーでビットコイン投資を始めて30万以上利益確定できたことをお伝えしましたが、ソーシャルレンディングも始めちゃいました。

スポンサード リンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ソーシャルレンディングって何?

ざっくり言うと、ソーシャルレンディング会社がインターネットで複数の人から少しずつお金を集め、それを銀行などから借入ができない企業に貸し付ける、というサービスです。

銀行から借りられない分、利率が高めになっています。

たらこがアカウントを開いた会社

以下の2社にアカウントを作り、それぞれ100万円入金してみました。
もちろんゼロになったら痛いけど、普通預金で放置しておくよりはいいかなと思って。

まだ開いて投資の申込をいくつかしているだけなので、償還実績はありません。
また半年後くらいにレポートします。

1. maneo

選んだ理由:
ソーシャルレンディングの老舗かつ業界シェア1位GMOグループと提携しているのでとりあえずここからと思ったから。
2011年の開業以来、元本毀損はないそうです。
利回りは5~8%くらいが中心。

申込成立した案件:

  • 事業性資金支援ローンファンド 8% 3ヶ月 10 万円
  • 事業性資金支援ローンファンド 8% 2ヶ月 20 万円
  • 【LCホールディングス保証】LCレンディングセレクトファンド 5% 12ヶ月 10 万円
  • 事業性資金支援ローンファンド 8% 4ヶ月 40 万円
  • 不動産担保付きローンファンド 4.6% 9ヶ月 20 万円

思うこと:

募集案件が同じ会社のものばっかりなので、もっと新規開拓してほしい。
貸付期間が12ヶ月くらいのが中心なので、もっと短期に戻ってくる案件を増やしてほしい。

2. クラウドクレジット

選んだ理由:
海外案件が中心で、利回りが10%くらいと高いから。

申込成立した案件:

  • 東欧金融事業者支援ファンド 6.2% 7ヶ月 20万円
  • カメルーン中小企業支援プロジェクト 12.4% 13ヶ月 10万円
  • カメルーン農業支援ファンド 9.4% 13ヶ月 10万円
  • バルト三国自動車リースファンド 8.0%~14.5% 6〜66ヶ月 10万円

思うこと:

利回りはmaneoに比べると確かに利率が高い。
でもやはり貸付期間が12ヶ月くらいのものが多く長い。
もっと早く償還してほしい。

この2社でも延滞などは発生しているようなので、ちょっと心配ですがリスクを取りつつ見守っていきたいと思います。

そして新たに、SBIソーシャルレンディングにもアカウント開設中です。
地味な案件が多そうですが、バックボーンがしっかりしているので信頼できるかなと思うためです。

ソーシャルレンディングだけでなく、仮想通貨なども含めたフィンテックについて知りたい方はこちら。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。