投資

焦った!つみたてNISAの思わぬ落とし穴

だいぶ認知が広がってきたNISAですが、私は今年から通常のNISAからつみたてNISAに変更しました。

理由は長い目で見ると投資できる総額がつみたてNISAのほうが多かったからです。

つみたてNISAはその名の通り、毎月一定額を積み立てていきます。もちろん通常のNISAでも積み立ては可能ですが、つみたてNISAは積み立てしかできないのです。そこが落とし穴でした。

※これからお話しするのはSBI証券の場合です。他の証券会社ではどのような設定になっているのかはわかりません。

12月の時点で投資可能枠が23万円以上も残っていた!

年末に近づいてきたので今年使えるお得な投資の枠を整理していたところでした。ふるさと納税は完了させました。

あわせて読みたい
共働き家庭が2018年にふるさと納税でもらった返礼品を大公開ふるさと納税をやっているご家庭はだんだん増えてきていますが、残念ながら総務省の指導により、どんどん改悪されていって返礼品にうまみがなくな...

ふとつみたてNISA口座をのぞいてみたところ、なんと年間40万円の投資可能枠のうち、23万円以上も残っているではありませんか。つまり今年に入ってから、たった17万円しかつみたてNISAの枠を使って投資していなかったのです。

原因はよく調べていませんが、どうやら去年のNISAの投信積立の設定に加えて積立設定していたらしく、エラーになっていたようです。

これが普通のNISAならば、23万円分の投信なり株式なりを購入すれば済む話です。しかしつみたてNISAは1年間で40万円を積み立てられるようにしか投資金額が設定できません。

つまり極端な話、「ニッセイTOPIXインデックスファンド」をひと月で23万円積み立てるという設定はできないのです。(23万円×12か月=276万円となり、40万円を超えてしまうため)

1か月33,333円が積立額の上限となります。(33,333円×12か月=399,996円となり、40万円にギリギリ収まるので)

焦りました。このままでは年内にせいぜい33,333円の投資しかできず、約20万円の枠を無駄にしてしまうことになります。

ボーナス払いとの組み合わせで23万円の枠を使いきれた!

結論をお伝えすると、月々の積立額を33,333円の設定した翌日の21日支払いとし、ボーナス設定で20万円を同じく12月21日支払いとしてみたところ、エラーにならずに設定できました!

計算すると33,333円×12か月=399,996円+200,000円=599,996円となるのでエラーになるはずなんですが、まぁエラーにならなかったのでよしとします。

あとはちゃんとつみたてNISAされるかどうか、ドキドキです。またレポートします。

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。