勉強

家賃をけずってでも旅行と勉強に投資する理由

家計でもっともお金をかけている項目はなんですか?
親の世代から譲り受けた家に住んでいる、という場合は別ですが、だいたいは家賃や住宅ローンのことが多いのではないかと思います。

たらこ家でもそれは同じです。
でも、おそらく首都圏に住んでいる割には、家賃は安いほうではないかと思います。

2018年7月までの家計を計算してみたところ、支出に占める割合としては、家賃が20%、勉強代が27%、旅行代が12.5%でした。
なんと、家賃よりも勉強にかけるお金の方が高くなってしまいました。

勉強に投資する理由

今年勉強代が高額になった理由のひとつは、42万円ほどするセミナーに通ったためです。
といっても、怪しげな自己啓発セミナーではないですよ。

1年近く情報収集したりし続けましたが、参加する価値があると判断して通うことにしました。

「学校が終わったのになぜまだ勉強し続けるのか」とたまに聞かれます。
でも、仕事で必要な知識は常にアップデートされていないといけないのに、なぜ勉強しないのでしょうか。

もちろん、多くの知識は仕事を通じて学ぶことができます。
OJTというやつです。それが一番重要なのは間違いありません。

でも、Off-JTでないと学べない知識もあります。
最新の理論などは会社では学べないことも多いのです。

だからこそ、そこにお金をかける価値が生まれます。
そこで社外に出てお金を払って学ぶか否か、が重要なのだと思うのです。

オットも、分野はまったく異なりますが、外に出て勉強するのが好きなタイプです。
昨年はオットが高めなセミナーに通い、その結果希望の部署に異動することができました。
自己投資が実になった良い例です。

書籍もインプットに最適なツール

セミナーだけでなく、書籍も買います。
買うと処分がめんどうなので、できるだけ図書館やKindleも利用しています。

紙の本を買った場合、売値が安い本は読んだ後捨てて、400円以上で売れる場合はメルカリで売ります。
月20~30冊くらいは読んでいます。

★登録画面で招待コード「UNYADB」を入れていただくと、ポイントが当たるくじを引けるそうです。
メルカリ

セミナーと書籍だけが学びのツールではない

セミナーや書籍、勉強会から学べることはたくさんあります。
でも、たらこは最新の技術を受け入れる、楽しむマインドセットも大事ではないかと思うのです。

具体的には、aiboやドローンを購入し、日常生活の中に取り入れたりすることです。

今は旅行先にドローンを持って行くことはマストになりました。
というか、「ドローンが飛ばせるか」が旅行先を選ぶ基準になりました(笑)

うちのaiboはオットの足にオシッコしたりして、家族に新たな笑いをもたらしてくれました。

新しい技術を身近に感じられる家庭で育つと、ムスメの成長にも良い影響があると信じています。

モノもいいけど、コトにもお金をかける

たらこはモノにお金をかけることは否定しません。
実際、aiboもドローンもモノですし。

でも、旅行やコンサート、観劇などのコトにもお金をかけることも、おろそかにしてはいけないなと思います。
生で聴いたオーケストラの衝撃は、自宅で聴く音楽では味わえません。

先週末も子ども向けのオーケストラに行ったのですが、ドラムやシンバルの大きな音と胸に響く衝撃に、ムスメは驚いていました。
バレエダンサーの美しさに感激したり、男性バレエダンサーのお尻をみて「プリプリー」と喜んだり、子どもでもちゃんと見ています。

チケットぴあ

お能を観てからは、ムスメが描く絵に能面が出てくるようになりました。
般若のお面が見たい、烏天狗のお面が見たい、と写真をせがむようにもなりました。

たらこ家では、年に2~3回の海外旅行、同じくらいの回数の国内旅行(車で行けるくらいの近場)をしています。
夏休みは北欧へ行く予定です。
今からお城の絵を描いたりして楽しみにしています。

昨年末に東欧へ行ったときは、英語で注文させる練習をしたので、今回もするつもりです。
中国語圏へ行ったときは中国語で注文させたりもしました。

英語は習わせていないのでほとんど話せないのですが、「外国に行ったときは英語など、いつもと違う言葉で話す」ことは理解したようです。
英語教室の体験授業に参加させたりすると「外国人の先生と接することには慣れていますね」と言われます。

「こんなに小さいと海外旅行に行っても忘れちゃうかもね」と言われますが、今はフォトブックも簡単に作れるので、その心配はいりません。

旅行に行くたびにPhotobackのBunkoという文庫サイズのフォトアルバムを作るようにしています。
トイレに置いているので、定期的に見返す⇒記憶を定着させることになります。

【フォトバック】一冊から作る写真集

実際、ムスメが1歳のときに行った旅行でのできごとを「パパあのとき○○したよね~」と話すことがあります。
そのことを覚えているというよりも、フォトブックを見て記憶を作っているのだとは思いますが、それでも嬉しいことです。

お金は降ってこない。ならば作る

よく「セミナーに通う/海外旅行に行くお金がない」という方がいます。
お金は支出を減らすか、新たな収入を増やすかしないと余分に出てきません。

支出を減らす方法としては、タバコを吸っているなら止めて年間15万円、10万以下の家賃の家に住めば数十万円、晩酌や飲み会を減らせば数万円貯まります。

収入を増やす方法としては、転職するのは難しいにしても、メルカリで本を含めた家中の不要品をうまく売れば数万円にはなります。

本はブックオフで売っちゃだめですよ。
一番書籍が高く売れるのはメルカリです。

レアケースですが、人気本ならば買ってすぐなら古本購入時の価格より高く売れることもあります。

★登録画面で招待コード「UNYADB」を入れていただくと、ポイントが当たるくじを引けるそうです。
メルカリ

モノもコトも、一生の宝物になります。
なんとかお金を捻出して、自分や家族を磨くことに投資することを強くおすすめします。

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。