時短ワザ

Facebookアプリを削除したら、自分の時間が生まれたよ

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazonや楽天に飛んで購入できます。★★

フェイスブックしてますか?
たらこは中毒と言えるレベルで投稿も閲覧もするヘビーユーザーでした。

でもね、やめなきゃやめなきゃってずっと思ってたんです。
ただでさえフルタイムで働いて家事もやって、ムスメと過ごす時間は少ないのに、ムスメといるときもiPhoneが手放せないんです。

これは病気だ、と思いました。
せめてFacebookをやめれば、だいぶマシになります。

悪い習慣をやめるにはハードルを課す

行動心理学の本を読むと、悪い習慣をやめたい場合には、ハードルを課したり、代替行動(タバコを吸う代わりに飴をなめるとか)を設定して、その行動に移しづらくすると良いそうです。

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

  • 作者: ケリー・パターソン,ジョセフ・グレニー,デヴィッド・マクスフィールド,ロン・マクミラン,アル・スウィツラー
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

Facebookという悪習慣をやめるためにアプリを削除した

そこで、思い切ってFacebookアプリをiPhoneから削除したんです。
Facebookメッセンジャーで連絡し合っていたオットには、LINEに乗り換えてもらうようお願いしました。

スポンサード リンク

フェイスブックはアプリを削除すれば見る時間を減らせる

効果はてきめんでした。
今もブラウザからログインして見たり投稿したりはしますが、その一手間がハードルになって、Facebookにログインする回数も時間もグッと減ったのです。

おかげで本を読んだり家事をしたり、ムスメと遊ぶ時間が生まれました。
そもそも家でFacebookにログインすることもあまりなくなりました。

次は何のアプリを削除して時間を作ろうか

Facebook断ちはほぼ成功したので、次はメルカリ断ちをしたいと考えています。

とはいえメルカリは貴重な断捨離兼お小遣い稼ぎのツールなので、削除するつもりはないのですが、今販売中のものが売れたら、アクセスしづらいフォルダに入れてしまおうと考えています。

SNSは便利だけど、コントロールされてはいけない

たらこはハマりやすい性格なので、気をつけないとSNSに生活をコントロールされてしまうことがわかりました。

そもそも手を出してない方は大正解。
このまま使わないでいてくださいね。

デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本

こんな記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。