時短ワザ

【時短術】IFTTT(イフト)で明日が雨ならLINE通知をもらう方法

こんにちは。好きな言葉は「時間短縮」のたらこです。

みなさんは毎朝、天気予報をチェックしますか?

わが家にはテレビがないので、天気予報を見ないまま出かけることが多く、外出先で雨に降られることがよくありました。

待ち受け画面に朝だけ天気予報が出るように設定したり、LAUNCHERアプリで天気予報を簡単に確認できるようにしたり、雨予報アプリを使ったりといろいろ工夫をしたのですが、それでも見逃すんです。

そんな私みたいなうっかりさんのために、おすすめの方法をご紹介します。

IFTTT(イフト)って何?

イフトというのはiOSのアプリで、ある前提条件になったらアクションを自動で実行するというプログラム(レシピ)が組めるんです。

英語のアプリなのでちょっととっつきにくいんですが、仕組みはシンプルです。

IFTTT

明日の天気が雨の時だけ、LINEに通知をくれるIFTTTレシピ

このIFTTTを使って天気予報を知りたいと思ったのですが、毎日天気予報を知らされても気が散るので、「明日が雨の時だけ」通知をくれるような設定にしました。

IF THIS(もし~だったら):明日の天気予報が雨だったら
THEN THAT(そのとき~する):LINEで天気予報の通知を送る

LINEとWeather Undergroundに連携する

このレシピを実現するためには、LINEとWeather Underground(WU)というアプリに連携します。

正直、どうやって登録したのか忘れました(笑)レシピのスクショだけ貼っておきます。

LINEの事前設定などが必要なので、そこはご自身で調べてくださいね。

 

すると、こんな感じで雨の日の前日に、LINEに通知がきます。WUのアプリが英語のみなので微妙に英語が混じってますが、Thunderstormsが来るらしいです。

私が設定している中でも、一番助かっているレシピです。ご活用ください。

こんな記事もおすすめ